FC2ブログ
私的釣具情報
パームス メタルウィッチ
メタルウィッチ

各ターゲットとスタイルを細分化し、それぞれに専用設計を施したメタルウィッチ。
そのコンセプトは"ライトジギング"の軽快感を損なわないベストバランスの追求にあります。
新たなラインナップを組み上げたニューメタルウィッチは基本コンセプトをそのままに、
昇華し続けるジギングスタイルに向けてブラッシュアップを図りました。
ブラインドゲームのイメージを釣果へと結びつける精度の向上はテクニカルな部分を細密にサポート。
バランスタックルの追求は、魚との駆け引きをより面白く釣るためのエッセンスとしても現れます。
タチウオモデルはジグのヌケをおさえながらも、
アングラーの入力とジグの挙動はイーブンにあくまでも心地よいワンピッチが求められます。
マダイモデルはターゲットに違和感を与えないティップを備えつつ、直に魚を操る感覚を味わえます。
青物モデルは急なナブラにキャストで対応できるグリップを与えました。
そして、近年人気の盛り上がるスロースタイルのジャンルも追加。
独自の理論を深めたSFシリーズはジグを的確に操作できるティップセクションを追求しながらも独自のテーパー概念をもつブランクに仕上げました。
のめり込むほど熱くなるライトジギングの世界だからこそ、ロッドもその進化を止むことはありません。
インショアを舞台にドラマを演出し、陶酔のシーンを助演し続けます。




↓釣具最安通販はコチラ↓



スポンサーサイト



東北釣り情報
【青森】

サバ
〈外ヶ浜町〉
平舘沖ではジギングでは30~40cmクラスが1人0~15匹。
100g前後のメタルジグを使用。

ヒラメ
〈階上町〉
階上沖水深40~55mラインでは船釣りでは35~67cmクラスが1人0~20枚。
350~450gのマスナタを使用し、エサは冷凍イワシ、塩イワシ。

マダイ
〈野辺地町〉
陸奥湾・野辺地沖では船釣りで35~65cmクラスが1人0~5匹。
いずれも一つテンヤを使用し、エサは冷凍大エビ。
〈中泊町〉
竜飛~小泊周辺の各漁港、地磯ではウキフカセ釣りでは35~50cmクラスが1人0~3匹。
エサはオキアミ。

アオリイカ
〈深浦町〉
沢辺~岩崎周辺の各漁港、地磯ではエギングで胴長15~20cmクラスが1人0~5杯。
3.5号のエギを使用。


【秋田】

アオリイカ
〈八峰町〉
八森漁港および周辺の各地磯では胴長13~27cmクラスが1人0~18杯。
〈男鹿市〉
北浦~船川港周辺の各漁港、沖磯、地磯では胴長13~25cmクラスが1人0~25杯。
〈秋田市〉
秋田港周辺では18~25cmクラスが1人0~10杯。
〈にかほ市〉
金浦~三崎公園周辺の各漁港、地磯では胴長12~20cmクラスが1人0~10杯。
いずれもエギングで、3~3.5号のエギを使用。

クロダイ
〈男鹿市〉
加茂~門前周辺の各沖磯、地磯ではウキフカセ釣りで25~30cmクラスが1人0~5匹。
エサはオキアミ。
船川港周辺では30~40cmクラスが1人0~4匹。
〈秋田市〉
秋田港周辺では35~50cmクラスが1人0~5匹。
〈由利本荘市〉
本荘マリーナ周辺では30~45cmクラスが1人0~2匹。
いずれも落とし込み釣り、前打ち釣りでエサはカニ、イガイ。

マダイ
〈男鹿市〉
湯ノ尻~入道崎沖水深50~70mラインでは船釣りで25~56cmクラスが1人0~6匹。
〈潟上市〉
天王沖では船釣りで22~51cmクラスが1人0~4匹。
いずれも片天ビン1本針仕掛けを使用し、エサはアオムシ[アオイソメ]、イワムシ。
〈秋田市〉
秋田港周辺ではブッ込み釣りで35~55cmクラスが1人0~2匹。エサはアオムシ。

セイゴ/フッコ/スズキ
〈能代市〉
米代川河口周辺では50~86cmクラスが1人0~2匹。
〈秋田市〉
雄物川河口周辺では50~67cmクラスが1人0~3匹。
〈由利本荘市〉
子吉川河口周辺では50~74cmクラスが1人0~3匹。
いずれもルアー釣りで、ミノー、バイブレーションを使用。

アジ
〈秋田市〉
秋田港周辺では13~23cmクラスが1人0~20匹。
〈由利本荘市〉
本荘マリーナ周辺では12~17cmクラスが1人0~23匹。
いずれもサビキ釣り。

マイワシ
能代港周辺ではサビキ釣りで16~17cmクラスが1人0~80匹。

キス
〈三種町〉
釜谷浜では14~25cmクラスが1人0~30匹。
〈男鹿市〉
申川浜では15~20cmクラスが1人0~74匹。
〈秋田市〉
向浜~道川サーフでは13~27cmクラスが1人0~58匹。
いずれも投げ釣りで、片天ビン3~7本仕掛けを使用し、エサはジャリメ、アオムシ。

ハゼ
〈秋田市〉
秋田港周辺ではウキ釣りで13~20cmクラスが1人0~100匹。エサはアオムシ。

マダコ
〈男鹿市〉
湯ノ尻沖での船釣りでは500~700gクラスが1人0~6杯。
タコテンヤを使用し、エサはカニ。
〈秋田市〉
秋田港周辺では探り釣りで1~1.5kgクラスが1人0~10杯。
タコテンヤを使用し、エサはカニ。


【岩手】

ヒラメ
〈宮古市〉
宮古沖水深40~80mラインでの船釣りでは40~70cmクラスが1人0~11枚。
胴突き1本針仕掛けを使用し、エサは活イワシ。

イナダ/ワラサ
〈大船渡市〉
越喜来沖ではジギングで60~75cmクラスが1人0~10匹。
180~200gのメタルジグを使用。

※なお、大川、気仙川(いずれも支流含む)、北上川・四十四田ダム下流(支流含む。石羽根、石渕、入畑、御所、外山、田瀬、綱取、豊沢、早池峰の各ダム上流除く)のウグイは出荷制限されている。


【山形】

クロダイ
〈鶴岡市〉
加茂~鼠ヶ関周辺の各漁港、地磯ではウキフカセ釣りで30~40cmクラスが1人0~3匹。
エサはオキアミ。

マダイ
〈鶴岡市〉
加茂~鼠ヶ関周辺の各漁港、沖磯、地磯ではウキフカセ釣りで30~60cmクラスが1人0~2匹。
エサはオキアミ。

アオリイカ
〈鶴岡市〉
庄内一帯の各漁港、地磯ではエギングで胴長13~32cmクラスが1人0~20杯。
2.5~3.5号のエギを使用。

ハナダイ[標準和名:チダイ]
〈鶴岡市〉
庄内沖水深50mラインでの船釣りでは20~25cmクラスが1人0~50匹。
胴突き3~4本針仕掛けを使用し、エサは赤エビ、オキアミ。
イナダ、ホウボウも交じる。


【宮城】

マダイ
〈塩釜市〉
大根沖水深25~30mラインでの船釣りでは45~77cmクラスが1人0~5匹。
一つテンヤを使用し、エサは冷凍大エビ。

ヒラメ
〈石巻市〉
金華山周辺での船釣りでは35~62cmクラスが1人0~10枚。
胴突き1本針仕掛けを使用し、エサは活イワシ。

イナダ/ワラサ
〈南三陸町〉
志津川沖では60~65cmクラスが1人0~8匹。
〈女川町〉
女川沖では50~75cmクラスが1人0~5匹。ホウボウも交じる。
〈塩釜市〉
仙台湾・大根沖では56~74cmクラスが1人0~9匹。ヒラメも交じる。
いずれもジギングで、100~180gのメタルジグを使用。

カレイ
〈南三陸町〉
志津川沖水深30mラインでの船釣りでは20~35cmクラスのイシガレイ、マコガレイが1人0~12枚。
片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。

アイナメ
〈女川町〉
女川沖の船釣りでは20~30cmクラスが1人0~5匹。
片天ビン2~3本針仕掛けを使用し、エサはアオイソメ。

※なお、宮城県沖全海域のスズキ、クロダイ、金華山以南のヒガンフグ、阿武隈川(支流含む。七ヶ宿ダム上流除く)のヤマメ(養殖除く)、宮城県内の北上川(支流含む)、阿武隈川(支流含む。七ヶ宿ダム上流除く)、大川(支流含む)のウグイ、三迫川・栗駒ダム上流、二迫川・荒砥沢ダム上流、一迫川・花山ダム上流、江合川・鳴子ダム上流、大倉川・大倉ダム上流、広瀬川、名取川・秋保大滝上流、碁石川・釜房ダム上流(いずれも支流含む)、松川(澄川4号堰堤上流の澄川本支流、濁川本支流除く)のイワナ(養殖除く)、阿武隈川(支流含む。七ヶ宿ダム上流除く)のアユ(養殖除く)は出荷制限されている。

ヴァンキッシュ リミテッドエディション[Vanquish LIMITED EDITION](2013年限定)
VAN

マグナムライトローター&X-SHIP により、
まるでレーシングカーのような研ぎ澄まされた実釣性能で好評を博したVanquish。
これを夢屋タイプパーツでドレスアップすることにより、
「新たな機能」 と 「まるで宝石のような気品漂うコスメティック」 を付加する。
“実釣性能 (Function)” × “高級感 (Luxury)” の高い次元での融合を目指した。
最新釣り情報
北陸

能登内浦
七尾湾・灘浦 【岸】灘海岸でのアオリイカ狙いは不調で、朝や夕方の1時間で10匹当たればいい方。和倉や矢田新ではイイダコが顔見る程度釣れる【船】能登島沖、タイやメダイが何とか釣れている。メダイはまれに80センチの大型や40~50センチの小型交じりで、1船3~10匹。マダイは25~40センチが1船10~30匹ほど。全体的に魚影は少ない。浅瀬のアオリイカは胴長20センチクラスが1人5~30匹と不調=七尾市小丸山大通り、フィッシングオザワ(電)0767(52)0038


穴水周辺 【船】前波沖で30センチのキジハタが5匹、胴長15センチのアオリイカが10匹、35センチのマダイと40センチのクロダイが3匹=穴水町地蔵坊、釣侍穴水店(電)0768(52)2727


宇出津周辺 【岸】宇出津港や藤波海岸一帯のアオリイカは、例年より少なく15~20センチが多い人で10匹。そのほかアジや投げ釣りでキスがぽつぽつ=能登町藤波、つり友(電)0768(62)3600


九十九湾周辺 【岸】アオリイカは小木港東堤防一帯で、20~25センチが20匹。日によって数にはばらつきがある。クロダイは40センチが数匹とやや好調=能登町小木、里磯釣具店(電)0768(74)1425


珠洲海岸 【岸】30~40センチ級のクロダイがぽつぽつ。アジやキス、アオリイカが狙える。飯田や蛸島の堤防では、アオリイカ狙いの釣り人が増えている=珠洲市飯田町、ふじの釣具店(電)0768(82)1585


能登外浦
輪島周辺 【岸】台風前に比べると釣果はいまひとつ。それでも各地でアオリイカが釣れており、良い人で30匹ほど。コゾクラ、セイゴも狙える【船】22日午前には珠洲沖で、餌木でアオリイカが50匹。キジハタ、マダイ、サワラ、フクラギ、サバ、カマスもちらほら=輪島市町野町、釣政釣具店(電)0768(32)8118


羽咋周辺 【岸】羽咋川で15センチ前後のハゼが10~30匹、餌はアオムシやイシゴカイ。40~70センチのセイゴ、スズキも。滝港-柴垣漁港で10~20センチのアジが20~50匹。10~23センチのキスが10~30匹、餌はイシゴカイやアオムシ。胴長10~18センチのアオリイカや40~60センチのセイゴも。西海新港でもイイダコが5~20匹、胴長10~20センチのアオリイカが2~10匹【船】羽咋-志賀沖でイイダコが20~30匹、胴長15~22センチのアオリイカが5~15匹、20~30センチのアジが5~10匹、50~60センチのヒラマサや60~100センチのシイラが2、3匹。20~40センチのキジハタや40~70センチのマダイも=羽咋市島出町、つり具センターあさの(電)0767(22)3260



金沢・加賀
金沢港周辺 【岸】早朝なら25~30センチを超えるアジが狙える。朝日が昇るまでに15~20センチのキスも釣れ、シマダイ、イイダコも釣れる。アオリイカはまだ小さめ。水温が少し低くなり、サワラも狙える【船】メーンはアジとカワハギ。アカイカもまだ釣れる=金沢市金石本町、うしお釣具(電)076(268)6213


金石・専光寺周辺 【岸】投げ釣りのキスは12~22センチほどのものが20~40匹。この仕掛けにイイダコが10匹ほど交ざる。ボートで出ればキスは50~70匹、イイダコは20匹。小アジは50~100匹。中アジはぽつぽつ。日によってはイワシがわくこともあり、フクラギ、カンパチ、サワラ、スズキが釣れる。カマスが回ってくれば10~20匹。アオリイカはぽつぽつ。川では13~20センチのハゼが15匹ほど【船】30~60センチのマダイ、50~70センチのヒラマサ、フクラギがぽつぽつ。アカイカもまだ釣れる=金沢市普正寺町、ファミリーフィッシングポパイ(電)076(268)0010


松任・美川周辺 【岸】早朝にアジ、コゾクラ、アオリイカが釣れている。消波ブロックの周りでは70センチのセイゴが釣れる。イイダコは30~40匹。キスも好調【船】ヒラメが好調。中アジも釣れている。青物は弱い。アカイカはまだ揚がっている。アオリイカも釣れている=白山市水澄町、リバ・シー(電)076(277)8080


小松周辺 【岸】安宅、草野、安宅新、浜佐美などの海岸では、イイダコがよく釣れている。多い人は50匹、100匹と釣っている。ルアー釣りでフクラギ、カンパチやサゴシも釣れだしている。また朝や半夜釣りのエギングでアオリイカも狙える。安宅河口周辺ではサビキ釣りでカマス。河口右岸では小アジもよく釣れている=小松市下牧町、みちがみ釣具店(電)0761(21)5367


加賀周辺 【岸】伊切海岸や新堀川河口堤防ではルアー釣りでフクラギ、カンパチやサゴシ。また朝や夜はアオリイカも釣れている。伊切海岸などでは、投げ釣りや専用のタコ針でイイダコが狙える。橋立港周辺ではアオリイカ、サビキ釣りで小アジが釣れている【船】小松沖などでは、朝、タテ釣りやジギングでヒラメ、フクラギやヒラマサがぽつぽつ釣れている。浅場ではキスが狙える=前記同



富山
富山市周辺 【川】神通川では、ハゼが30匹くらい釣れるところも。アユ釣りは不調【岸】岩瀬の中堤防と水橋で、アオリイカや30センチほどのカマスが釣れている。水橋では、小ぶりだがサヨリや小アジもよく釣れる【船】岩瀬沖は、小ぶりだがアジやフクラギ、マダイがよく釣れている=富山市西長江、かみや釣具店(電)076(421)3579


黒部石田・経田 【岸】石田釣り桟橋と経田漁港は、小アジが20~30匹、サヨリが10~20匹、小さめのシマダイとアオリイカがそれぞれ4、5匹、フクラギが2、3匹釣れている【船】石田沖から黒部川河口沖にかけては、25~30センチくらいのフクラギが10~20匹、アオリイカが5~10匹、中アジが4、5匹釣れている=黒部市石田、ヤマダ釣具店(電)0765(52)2704


新湊周辺 【岸】漁港、海王丸パークで小アジ、サヨリが好調。サヨリはまだ小さい。漁港ではワタリガニ狙いも。海王丸パーク周辺ではキス、アオリイカが釣れ始めたが、サイズはまだ小さい。消波堤帯ではクロダイ。30センチ級を中心に好調で、50センチ級も。キジハタも釣れる【船】小型のフクラギ、カマス=射水市中央町、モリナガ釣具店(電)0766(82)3280


氷見周辺 【岸】氷見漁港から佐々波にかけて手のひら大~40センチのクロダイが2~5匹。胴長10~15センチのアオリイカが2~8匹。20センチほどのキスが2~5匹。上庄川では13~20センチのハゼが20~40匹。天ぷらでも刺し身でもおいしく、これから増えそう【船】30~40センチのフクラギが10~20匹。胴長20~25センチのアオリイカが30匹ほど=氷見市北大町、くぼつり具センター(電)0766(72)1162




福井
三国方面 浜地、波松などアオリイカが好調。20センチを超えるサイズで、10匹程度釣る人も。キスは大きいサイズも釣れている。福井新港ではクロダイやサゴシ。クロダイは40センチ超で、これからが楽しみ=福井市中角町、釣日記(電)0776(55)0888


越前海岸 アオリイカは週末は釣果が思わしくなかったが、ある程度安定して釣れている。それでも日中は苦戦しがちで、朝夕を中心に狙いたい。日中ならじっくり狙える餌釣りを勧める。餌のアジ釣りに力を入れることも必要=鯖江市三六町2、小林釣具店(電)0778(51)1452


敦賀湾 アオリイカは、最大20センチで数は例年より少なめ。餌はエギ。キスは好調。投げ釣りで14~28センチで30匹程度。餌はイシゴカイ=敦賀市五幡、きはら釣り具店(電)0770(28)1915







↓釣具最安通販はコチラ↓



ダイワ セルテート
セルテ1

耐久性と剛性にこだわりメタルボディを採用するセルテート。
初代から数えて9年、その名は揺るぎない信頼性の証となった。
このセルテートがマグシールドラインローラーを搭載し、さらなる耐久性アップを実現。
また軽量・高剛性のZAION製エアローターにより、最高クラスのリール感度を手に入れた。
最新機能の全てを注ぎこんだ、これがまさにダイワ・スピニングリールのハイグレードスタンダードである。



↓釣具最安通販はコチラ↓





プロフィール

釣りバカ君

Author:釣りバカ君
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
31838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
2688位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



カウンター